アメリカでのジェンダーとマイノリティーの取り扱い方

2016年9月10日土曜日 アメリカ ジェンダー マイノリティー

アメリカでは様々な人種が存在しているのでマイノリティーに対する扱いは大変注意しています。またジェンダーに対する注意も払っています。

言葉使いについてもかなり神経質になっています。私達が一般に「黒人」なんて言うと今はあまりよくないようです。時代によっては「黒は美しい」とまで言っていたのですが、「『黒』ってよく見たら黒じゃないじゃん」になり、今は一般的には「アフリカ系のアメリカ人」という表現をしているようです。

ジェンダーも厳しいですよー。なんで「マン」と「ウーマン(マンにくっつけた感じが嫌らしい)」なんだ? 「メール」と「フィーメール」にしなさい。人類の意味で「マン」を使うな! ヒューマン・ビーイング」にしなさい・・・・更に「ヒューマン」にも「マン」が入ってる!これも変えなきゃ・・・など。


インディアンに対しては「インドの人」となり昔アメリカをインドと間違えたところからそのまま使われてしまっているためにこれを「ネイティブ・アメリカン(本来のアメリカ人)」と言い直しているのはよく知るところです。

コマーシャルや映画などに使われる登場人物、そしてその配置にも気を配っています。

特に黒人や女は差別されて来たというイメージに対する配慮から一番敏感に取り扱われます。

黒人→肉体労働
女→夫を優先し家事と子育てに専念

さらに、
金髪女→低IQ、肉体美で勝負

このような典型的パターンはいろいろとあると思いますがそのパターンに連想させないように公共では気を配っているのがよくわかります。

となると・・・広告で中心に入ってくるのは黒人女性・・・となるわけです。こうすれば一応無難で非難される事がありませんからね。気をつけてみると結構このパターン、よく見かけます。そしてその端っこに少しお茶らけた白人アメリカ男がのっていたりします。

そしてハリウッド映画の配役も、黒人男性はどちらかというとコンピュータに詳しい、あるいは参謀的役割を果たす知的な役につく機会が多くなり、金髪女性は知的で活動的な役につく事が多くなります。配役はとくにマイノリティーに対する気遣いを感じられます(その点あまり東洋人には配慮は少ないようですが)。しかし、それにこだわりすぎると現実から遊離してしまう可能性もあります。

この差別問題、以前に比べ人間の心の質は向上してあまりこだわらないようになってきていると感じてはいるものの、心の闇(認められてない、愛されてないところから来る)と無知から来る差別意識はまだまだ存在しています。事実私も何度もアメリカで中国人としての差別扱いを受けてきました。まだ残念ながらそれにとらわれている人たちも身の回りに存在します。

大切なのは心の質を高めることであり、あまりにもこだわりすぎて現実から遊離してしまうのはどうかと思います。こだわりを持たず自然のままにとらえ交流する。こだわりすぎるとまた別の差別を生む。差別的発言や行動にはわからせるように顔をしかめる。自然のままでいるように心がけることが大切なのではと思うのですが・・・ (こりゃあ大変複雑な問題のようです)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A


書いてる人

現代人の恋愛事情に根ざしているものは、国と時代を超えて語り継がれてきた古典的な恋愛論だと思います。
学生時代は心理学を含めて学術的に恋愛を分析する機会が多かったと思います。こんな私も結婚して既婚者となりました。結婚する前にすべき思考が暗礁に乗り上げるように恋愛論、結婚論について書き進めています。純でガチガチの恋愛ブログです。

アクセスの多いページ

    スポンサーリンク
  • 女が男に求めるのは〝やさしさ〟なんでしょうか? 今回は、女が男に求めるのは「優しさ」であるという仮説を立てて客観論を飛ばしてみたいと思います。 まず某婚活サイトによるアンケートによると、結婚したい男の一位は〝優しさ〟であるようです。ただしこれは、年収や年齢、職業などの属性的な...
  • 相性がいい人は恋愛も結婚も仕事も友人関係も、そのほとんどについて自分にとって利益となる人間です。 そのため、相性が良くないと知った上で恋愛したり結婚したりする人はいないはずです。 また、相性がいい人は事前に判別できないため、いいと思っていた相性が結婚してから悪いと判明して関...
  • 特に最近では、脳の機能と分泌液についての研究が進み、恋愛と脳内物質の因果関係が解明されてきました。 恋愛状態になるとPEA(フェニルエチルアミン)とドーパミンという刺激的な快楽物質が分泌されます。 しかしそのような状態を続けると脳自体がもたなくなるので、その物質を出さな...
  • 「人を批判する」ということは心理的に大変気持ちのいいことです。 人を裁いたり、批判することによって、まるで自分が正義の味方になったような気持ちがします。 一方、相手は怒り、傷つき、悩みそして力を失っていきます。批判のエネルギーはその人の生きる力を弱らせ、確実にダメージを与え...
  • 彼女が子供っぽいと感じたことありませんか? あるいは… 彼氏が子供っぽいと思ったことあります? 結婚してからもしかり。一緒に生活し始めてから配偶者である旦那や嫁が、思ったより子供っぽいと思うとき。はたまた、相手が子供っぽいのではなくて、自分の人間性が要因で、相手の人格やパ...