トルストイに学ぶ恋愛と結婚

2016年8月14日日曜日 トルストイ 結婚 恋愛

トルストイの「クロイツェル・ソナタ」を紹介しましょう。


この「クロイツェル・ソナタ」や「悪魔」などはトルストイが実際に体験したことや身近で見聞きした出来事をモチーフに、男の視点からの「恋愛」「結婚」についての批判をしていますので、女側から見ると「そんなはずはない」と思われることもあるかもしれませんね。しかし、男がどのように「恋愛」と「結婚」に捉えてどんな心情を通過するかを知る、いわゆる「男研究」にはいい教材だと思います。

さて、「恋愛」「結婚」の末、自分の妻を嫉妬の故に殺害した男の話を続けます。

まず、彼は自分がこうなってしまった事の社会的背景に問題・矛盾があると指摘します。美しい「恋愛」の背後には男の欲望を充足させるための堕落した社会が存在しており、それにどっぷりつかり洗礼を受けてしまった男達がその行為を顧みず、美しい「恋愛」のため清らかな乙女を求めて社交場にやってくると言います。その現実をどれだけ知っているのかと。


この記述はストイックなキリスト教の視点から書かれているために、少々受け入れづらいと思われる方も多いことと思いますが、その本質を見てみると中々男にとっては痛いところをつかれていると思います。

思春期に入って来る頃から男は自分の沸きあがるどうしようもない欲望に翻弄されます。心と体のバランスがとりにくい状態であり、この欲望をどのように取り扱ったらいいのか、実は昔から今に至るまでそのガイドをしてくれるものがありません。あるとすれば・・・商業目的の男欲望充足中心の・・・・女が目を背けたくなる性産業となります。しかし、その背けたくなるようなモノが・・・・多くの男にとってなくてはならない「必要悪」になっているという現実があるのです。戦争には欠かさない売春宿の現実。それがなければ民間人に混乱をもたらしてしまう。自爆テロを喜んで行う男達の目指すところは・・・美女が待ち受けているハーレム・・・あ、これはちょっと話がずれたか。

そのような環境のなかで洗礼を受けた男達の目指すものは・・・清らかな乙女達。そう結婚相手には心身ともに清らかな女の方が・・・よい。

そんな清らかなものを求めるのに果たして自分がそれに見合う「清らかさ」を備えているんですか?洗礼を受けて育ってきたあなたにはそんな資格はないでしょう?とトルストイは男の口を通して語りかけてきます。「清らかな」というものは社会的な環境がそれを許さないので実はありえない(じつはそれは「欺瞞」だった)という極論になってしまいます。いきなりぶっとばしますな、トルストイさん。

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

ある宗教的な基準から見るとこうなってしまいます。しかし多くの女にとってはやはり「清らかな」恋愛・結婚を願うものでしょうし、次第に経験を積むことによってそれは実は違うのだということも理解されてくるのだと思います。また不幸な体験により男はみなこのようなものだと不信感に陥っておられる方もいるかもしれません。宗教的な見方というものはどうしても人を過去に縛り付けてしまうというネガティブな面がありますね。

それとも生物学的な観点から、所詮男という生き物は自らの欲望を満足させかつ種を残すために都合よくそのように考えるそのようなもの、として自らを納得させますか? 
私は、あまり過去にとらわれず、人間は心の願う声にしたがって絶えず学び反省し「清らかな」方へ成長するものだということを信じていくしかないと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A


書いてる人

現代人の恋愛事情に根ざしているものは、国と時代を超えて語り継がれてきた古典的な恋愛論だと思います。
学生時代は心理学を含めて学術的に恋愛を分析する機会が多かったと思います。こんな私も結婚して既婚者となりました。結婚する前にすべき思考が暗礁に乗り上げるように恋愛論、結婚論について書き進めています。純でガチガチの恋愛ブログです。

アクセスの多いページ

    スポンサーリンク
  • 相性がいい人は恋愛も結婚も仕事も友人関係も、そのほとんどについて自分にとって利益となる人間です。 そのため、相性が良くないと知った上で恋愛したり結婚したりする人はいないはずです。 また、相性がいい人は事前に判別できないため、いいと思っていた相性が結婚してから悪いと判明して関...
  • 女が男に求めるのは〝やさしさ〟なんでしょうか? 今回は、女が男に求めるのは「優しさ」であるという仮説を立てて客観論を飛ばしてみたいと思います。 まず某婚活サイトによるアンケートによると、結婚したい男の一位は〝優しさ〟であるようです。ただしこれは、年収や年齢、職業などの属性的な...
  • 特に最近では、脳の機能と分泌液についての研究が進み、恋愛と脳内物質の因果関係が解明されてきました。 恋愛状態になるとPEA(フェニルエチルアミン)とドーパミンという刺激的な快楽物質が分泌されます。 しかしそのような状態を続けると脳自体がもたなくなるので、その物質を出さな...
  • 彼女が子供っぽいと感じたことありませんか? あるいは… 彼氏が子供っぽいと思ったことあります? 結婚してからもしかり。一緒に生活し始めてから配偶者である旦那や嫁が、思ったより子供っぽいと思うとき。はたまた、相手が子供っぽいのではなくて、自分の人間性が要因で、相手の人格やパ...
  • 「人を批判する」ということは心理的に大変気持ちのいいことです。 人を裁いたり、批判することによって、まるで自分が正義の味方になったような気持ちがします。 一方、相手は怒り、傷つき、悩みそして力を失っていきます。批判のエネルギーはその人の生きる力を弱らせ、確実にダメージを与え...