父性の欠如が招いたもの

2016年6月15日水曜日 父親 役割

大家族・三世代家族から核家族化へという大きな社会変化によって今や男の家庭内で果たさなければならない役割は大きくなっているにもかかわらず、父親の意識が妻にまかせっきりという昔のままであったというのは問題でした。


負担増になった妻は多くのことで手一杯になり、子供を父親につなげる働きを十分に行うことができず、 またある者は家庭内で夫に反発し家庭内での父親としての今までの権威は失墜しました。 

いまや寡黙で男らしく頑固な父親の姿は、母親が子供に正しく解釈して伝えなかったことにより死につつあります。これが父性の欠如ではないでしょうか。


寡黙な男は今や女からは理解されず真っ先に敬遠されるところとなりました。そして男は父親のような「たくましさ」「強さ」よりも母親のような「やさしさ」を優先させるようになりました。


なぜ最近の求められる男の恋人像に「やさしさ」が一番にあげられるかがわかるでしょう?

そして「やさしさ」は母親のように具体的でわかりやすいもの、つまりよく話を聞いてあげて理解してあげて、受け入れてあげて、楽しくて、時にはプレゼントもくれるようなテクニカルな・・・という具合でしょうか。


では具体的でなくわかりにくく、テクニカルでなく、不器用な「やさしさ」は存在してないのでしょうか? 


「やさしさ」というのはその表現方法は違えども人間にとってはあって当然としての基本事項であり、男が男らしく一番に持たねばならないことではないのではないでしょうか。


つまり父性が欠如してしまったために「やさしさ」のある一面のみが強調されすぎているのでは?


本来の求められる男とは「しっかりした価値観を持っている」ということがあげられるべき必須事項にならねばならないと思います。


はっきりいって、多くの女が本来の男を理解していないために、希望する男の姿の条件を間違えています。その場限りの母親的「やさしさ」にだまされてはいけません。 「やさしく」てもあなたをどこに連れて行くのかわかりません。 本人もわかっていないんですから。 


「白馬の王子様」は「王」となるためのしっかりとした具体的ビジョンを持っているものでは? あぁ、すみません。寡黙勝ちで回りからやもすると「なに考えているのか分からない恐い人」と女から思われそうな人からのひがみでした(笑)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A


書いてる人

現代人の恋愛事情に根ざしているものは、国と時代を超えて語り継がれてきた古典的な恋愛論だと思います。
学生時代は心理学を含めて学術的に恋愛を分析する機会が多かったと思います。こんな私も結婚して既婚者となりました。結婚する前にすべき思考が暗礁に乗り上げるように恋愛論、結婚論について書き進めています。純でガチガチの恋愛ブログです。

アクセスの多いページ

    スポンサーリンク
  • 女が男に求めるのは〝やさしさ〟なんでしょうか? 今回は、女が男に求めるのは「優しさ」であるという仮説を立てて客観論を飛ばしてみたいと思います。 まず某婚活サイトによるアンケートによると、結婚したい男の一位は〝優しさ〟であるようです。ただしこれは、年収や年齢、職業などの属性的な...
  • 相性がいい人は恋愛も結婚も仕事も友人関係も、そのほとんどについて自分にとって利益となる人間です。 そのため、相性が良くないと知った上で恋愛したり結婚したりする人はいないはずです。 また、相性がいい人は事前に判別できないため、いいと思っていた相性が結婚してから悪いと判明して関...
  • 特に最近では、脳の機能と分泌液についての研究が進み、恋愛と脳内物質の因果関係が解明されてきました。 恋愛状態になるとPEA(フェニルエチルアミン)とドーパミンという刺激的な快楽物質が分泌されます。 しかしそのような状態を続けると脳自体がもたなくなるので、その物質を出さな...
  • 「人を批判する」ということは心理的に大変気持ちのいいことです。 人を裁いたり、批判することによって、まるで自分が正義の味方になったような気持ちがします。 一方、相手は怒り、傷つき、悩みそして力を失っていきます。批判のエネルギーはその人の生きる力を弱らせ、確実にダメージを与え...
  • 彼女が子供っぽいと感じたことありませんか? あるいは… 彼氏が子供っぽいと思ったことあります? 結婚してからもしかり。一緒に生活し始めてから配偶者である旦那や嫁が、思ったより子供っぽいと思うとき。はたまた、相手が子供っぽいのではなくて、自分の人間性が要因で、相手の人格やパ...