子育ての喧嘩は自分の育ち方が原因?

2016年5月29日日曜日 喧嘩 子育て

子育てについて夫婦喧嘩が絶えない…そういう現象は、結婚するまでにわかっていればそもそも結婚しなかったはずです。


つまり、この人と結婚してうまくいくかどうかは事前に調べておく必要があるのに、愛していればどんな逆境にも耐えられると勘違いしてしまうのが恋愛期間なんでしょうね。

子育てには人それぞれ考え方があって一概に賛否は問えませんが、肝心なのは子育ては夫婦の共同作業であることです。一見して子育てなんて妻の専業のようになってしまっている夫婦もいますが、やはり妻に任せっきりでも夫としては不満が生じる場合もあります。

ここで、結婚する前から相手との子育て論がおおむね一致するかどうかをきちんと判断しておけば問題ありませんが…では、結婚相手との子育てに関する考え方がおおむね一致するかどうかは、相手の生育歴を知ることだったとは結婚してから知ってしまった私です。

実は、子育てについて、結婚するまでに私はある程度の考え方がありました。ところが、結婚して家庭を持ち、子供ができた後には全く思いがけないことが起こりました。 

というのも妻の子育ての仕方・考え方で全く私が考えている事とは異なっていたからです。そして、しばしばやり方について喧嘩をすることとなりました。 

喧嘩をしながら理解したことは、これは妻と喧嘩をしても無駄なんだということでした。なぜならば自分が育てられてきた背景の全てを背負って目の前の子供に対していることを、否定することは容易でないからです。

つまりそれを否定することは目の前の妻を否定することになるからです。すなわち、子育てを巡って夫婦喧嘩をしたとてなにも解決はしません。

子育てとは、自分がどのように育てられてきたかが絶対的な根拠として受け継がれてゆくものなのでしょうか…?

しかし、私も父親という親でもあるのです。無駄だとわかっていても子供のことを思えばどうしても譲れないところが出てくるわけです。子育ては父親と母親の共同作業ですから。

例えば、それはテレビをどれくらい見させるかとか、夜に寝る前に必ず歯を磨かせるとかいう細かいところから始まると、それについて誰が責任を持つのかというところで妻は、結構子供が嫌がるようなことを私に責任を任せようとしたりします。 

日頃から家にいないことが多い私にとっては、子供が私から情が離れることを考えるとあまり子供が嫌がることばかりに責任を持ちたくないところでした。

そして妻自体もそのことが苦手のように見えるので「私はいつもいないんだからそれはあなたがやったほうが子供のためにいい」とついやってしまうわけです。

そして子供をどこで甘やかすか、どこで厳しくやるかの問題は、理論的に整理され「こうでなければならない」というのがしっかりと入ったコチコチの私(笑)と「なんとかなるさ」の流れに任せる妻とでは絶えずぶつかり合いが生じます。


これは時間をかけて整理していたら子育ては終わってしまうので、とにかく気づいたほうのどちらかが妥協して自分を否定しながら足りないところの役割を果たしていくしかありません。

その場合は気づいた方は、多少の忍耐・我慢・犠牲?が必要となります。これも愛とは忍耐であるともいわれるゆえんでしょうかね?
これは意外と一般的には表面に出てこない家庭内での葛藤の一つでしょうね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A


書いてる人

現代人の恋愛事情に根ざしているものは、国と時代を超えて語り継がれてきた古典的な恋愛論だと思います。
学生時代は心理学を含めて学術的に恋愛を分析する機会が多かったと思います。こんな私も結婚して既婚者となりました。結婚する前にすべき思考が暗礁に乗り上げるように恋愛論、結婚論について書き進めています。純でガチガチの恋愛ブログです。

アクセスの多いページ

    スポンサーリンク
  • 相性がいい人は恋愛も結婚も仕事も友人関係も、そのほとんどについて自分にとって利益となる人間です。 そのため、相性が良くないと知った上で恋愛したり結婚したりする人はいないはずです。 また、相性がいい人は事前に判別できないため、いいと思っていた相性が結婚してから悪いと判明して関...
  • 女が男に求めるのは〝やさしさ〟なんでしょうか? 今回は、女が男に求めるのは「優しさ」であるという仮説を立てて客観論を飛ばしてみたいと思います。 まず某婚活サイトによるアンケートによると、結婚したい男の一位は〝優しさ〟であるようです。ただしこれは、年収や年齢、職業などの属性的な...
  • 特に最近では、脳の機能と分泌液についての研究が進み、恋愛と脳内物質の因果関係が解明されてきました。 恋愛状態になるとPEA(フェニルエチルアミン)とドーパミンという刺激的な快楽物質が分泌されます。 しかしそのような状態を続けると脳自体がもたなくなるので、その物質を出さな...
  • 彼女が子供っぽいと感じたことありませんか? あるいは… 彼氏が子供っぽいと思ったことあります? 結婚してからもしかり。一緒に生活し始めてから配偶者である旦那や嫁が、思ったより子供っぽいと思うとき。はたまた、相手が子供っぽいのではなくて、自分の人間性が要因で、相手の人格やパ...
  • 「人を批判する」ということは心理的に大変気持ちのいいことです。 人を裁いたり、批判することによって、まるで自分が正義の味方になったような気持ちがします。 一方、相手は怒り、傷つき、悩みそして力を失っていきます。批判のエネルギーはその人の生きる力を弱らせ、確実にダメージを与え...